審査甘いクレジットカードで即日発行できるカードはあるの?

クレジットカードの基本的な審査方法とは

クレジットカード,審査甘い,即日発行

クレジットカード審査の流れについて

クレジットカードの審査の流れは、カード会社により若干の違いはありますが、

  1. 個人信用情報機関における信用力の調査
  2. 在籍確認の手続き
  3. クレジットカード会社による最終判断

という流れになります。このほかにも、社内データによる過去の取引実績が確認されたり、過払い請求の有無が評価の対象となることもあります。

個人信用情報機関で信用力を調査!

個人信用情報機関というのは、過去の金融機関との取引における履歴が登録されている会社のことです。日本では、国による指定を受けた

  • 「株式会社シーアイシー」
  • 「株式会社日本信用情報機構」
  • 「全国銀行個人信用情報センター」

の3つが有名です。それぞれの信用情報機関では、相互に登録情報を共有していきますので、いずれかの機関に情報が登録されていれば、すべての金融機関が確認できるようになっています。

 

クレジットカードの審査では、主に過去の履歴における「延滞」「債務整理」の情報が参照されます。現在、ローンの延滞をしている人はもちろん、延滞を繰り返している場合は、審査が厳しくなると思われます。

在籍確認の手続き

信用情報機関の登録データに問題がなければ、お勤め先の在籍確認の手続きが行われます。お勤め先の在籍確認は、申込み時に申告した勤務先の情報が正確であることを確認するためのものです。

  • 勤務先の名称
  • 電話番号
  • 住所

などが間違いがなく、あなたがたしかに在籍していることを確認するためのものです。虚偽の勤務先でクレジットカードの申込みをしても簡単にバレてしまいますので、正直な情報をカード会社に伝えるようにしてください。

クレジットカード会社による最終決定

ここまでの手続きで問題がなければ、あとは、クレジットカード会社による最終判断となります。

 

クレジットカードの審査におけるスコアリングとは何か?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

クレジットカード審査のスコアリングとは?

個人信用情報機関のデータベースにアクセスする際に、同時に、スコアリングによる評価が行われます。
クレジットカード審査のスコアリングは、申込み時に入力した審査項目を数値化して、合計の数値で審査を判断するための技術です。スコアリングの対象となる項目は、非常に数が多くなりますが、審査では、各項目の点数の合計点が重要な指標となります。

 

主なスコアリングの審査項目について

スコアリングの対象となる審査項目には、

  • 年収
  • 居住形態
  • 勤務先
  • 電話番号

などがあります。
たとえば、電話番号の項目の場合なら、

  • 固定電話+携帯電話:5点
  • 固定電話のみ:3点
  • 携帯電話のみ:2点
  • 電話なし:0点

というように点数が決められていて、各項目の合計点でクレジットカードの枠が決まる仕組みです。

 

年収は多いほど有利になり、居住形態は自分名義の持ち家が有利になると考えられます。あくまでも、推測でしかありませんが、クレジットカードの審査では、このような点数化によって手続きが進められています。

 

クレジットカード審査で電話確認(在籍確認)は必須?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

クレジットカード審査の電話確認について

クレジットカード審査の最終段階になると、電話確認(在籍確認)の手続きがあります。在籍確認は、上でも説明したとおり、勤務先の情報に間違いがないことを確認するためのものです。在籍確認なしのクレジットカードを希望する人もいますが、意外にもあっけなく終了する手続きとなっています。

 

電話確認の具体的な方法について

クレジットカード審査の電話確認は、オペレーターが勤務先に電話をかけて、「○○さん、いらっしゃいますか?」と尋ねるだけです。間違いなく申告した勤務先に勤務していれば、在籍していることが確認できる反応が得られます。

不在の時はどうなるの?

またこのときの電話確認は、申込みをした本人が不在でも手続きできます。勤務先に本人が在席していて、留守の場合は、「ただ今外出をしています。」といった反応があり、勤務していることが分かるからです。

 

未成年者の申込みにおける電話確認について

また、未成年者がクレジットカードに申込むときは、保護者に確認のための電話がかけられます。このときの電話も「クレジットカードの申込みの意思確認」のためですので、必ず出るようにした方がいいでしょう。

 

審査甘いクレジットカードの審査基準について

クレジットカード,審査甘い,即日発行

審査が甘いクレジットカードでも必須の審査基準とは?

クレジットカード審査における審査基準は、一般に外部に公表されるものではありません。一般的に言われている推測による判断ですが、それぞれの項目について、以下のように考えられています。

年齢

クレジットカード申込み者の年齢については、若すぎず、年を取りすぎていないのが理想です。一般的なクレジットカードの申込基準では、

  • 20歳以上~68歳以下
  • 18歳以上(高校生を除く)~70歳以下

などと決められています。
年齢の上限については、クレジットカード会社ごとに異なっていますが、68歳を超えたあたりから、利用できるサービスが少なくなってきます。

勤務年数

仕事の勤務年数については、年数が長くなるほど、審査が甘くなります。勤務年数が1年未満だと、審査でのマイナス要因になることがあります。しかし勤務年数が1年未満だったとしても、公務員や大企業の正社員など、大きなマイナス要因とならないケースも考えられます。
勤務年数が短いからといって、今からどうにかなるものではありませんので、あまり気にしすぎないように注意しましょう。

年収

年収についても、勤務年数と同様、多いに越したことはありません。しかし、クレジットカードの審査では、年収が多いかどうかだけでなく、安定しているのかも評価の対象です。
たとえば、同じ年収300万円の人の申込みの場合で、

  • Aさん:7月と8月の2ヶ月間で300万円。他の月は0円。
  • Bさん:毎月25万円。

だったとすると、収入が安定しているという意味で、Bさんの審査のほうが甘くなると考えられます。

既婚/未婚

結婚しているかどうかについては、一概に審査甘いかどうかを判断できるものではありません。あくまでも推測ですが、クレジットカード会社に既婚/未婚が尋ねられているのは、「可処分所得」の多さを推測するためと考えられます。
たとえば、同じ結婚をしている人でも、

  • すでに子供が成人している
  • 子供が生まれたばかり
  • 子供が高校生~大学生

の状況を考えると、すでに子供が成人している既婚者のほうが、クレジットカードの支払いに充てるお金が多くなると考えられます。年齢については、年を取りすぎないほうがいいと説明しましたが、全体的な家族構成をもとに評価されているものと思われます。

居住形態

審査基準で問われる居住形態は、

  • 自己所有の持ち家
  • 家族所有の持ち家
  • 賃貸の借家
  • 賃貸のマンション、アパート

などがあります。
これについては、「自己所有の持ち家」が最も有利だと考えられていますが、住宅ローンの残高などとともに総合的に判断しているものと思われます。居住形態についても、今からどうにかなるものではありませんので、参考程度に確認しておいてください。

他社借入

他社借入の残高・件数については、審査基準の中でも大きな影響を与えるものと思われます。
他社借入で評価の対象となるポイントは、

  • 毎月のローン支払い額の多さ
  • 無担保ローン(キャッシング)残高の多さ

の2つです。
まず毎月のローン支払い額は、多くなればなるほど、クレジットカードの支払いが困難になります。クレジットカードの限度額を決める上で毎月のローン返済額は、非常に大きな影響与えていると思います。

 

次に他社借入のうち、無担保ローンの残高で見られるのは、年収の3分の1を超えているかどうかという点です。クレジットカード会社は、原則として年収の3分の1超のキャッシング枠を設定できませんので、残高が多くなるほどキャッシングの利用が困難になります。

電話

電話については、以前は、「固定電話があること」が重視されていました。しかし今では、携帯電話だけの人も多くなっていますので、電話の項目については、あまり気にする必要がないと思われます。

 

ただし、連絡手段に電話がないのは問題です。クレジットカードの審査では、いつでも連絡が取れることが重視されますので、電話なしの申込みでは審査に通らないことがあります。

 

審査甘いクレジットカードは事故情報があっても審査に通る?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

クレジットカード審査における事故情報とは?

クレジットカードの審査における事故情報は、過去の金融機関との取引における、

  • 延滞(引き落とし不能など)
  • 契約の見直し
  • 債務整理(任意整理、個人版民事再生、特定調停、自己破産)
  • 強制解約

などのことです。
これらの情報が記録として残されていると、クレジットカード会社が警戒をして、カード発行の取り止めになることもあります。過去に利用したことがないクレジットカードの申込みだったとしても、情報を管理する機関がありますので、隠し通せるものではありません。

 

事故情報が登録される機関について

過去の事故情報が登録されている機関のことを、個人信用情報機関といいます。個人信用情報機関は、金融機関と個人との取引における特定の情報について、一定期間データベースに登録し金融機関からの問い合わせに応じて開示する役割があります。

 

つまり過去の金融機関との取引における延滞などは、個人信用情報機関のデータを確認することで、筒抜けになっているということです。

 

事故情報が消去されまでの期間の目安について

個人信用情報機関に登録されるデータは、永久に登録され続けるわけではありません。個人信用情報機関により若干の違いがありますが、登録する情報の内容により、数ヶ月~数年の間保有するとしています。

 

契約の申込み情報について

たとえば、クレジットカードの申込みなどの「契約の申込み」については、1ヶ月を超えない期間、データを記録し続けるとしています。短期間の間にクレジットカードに何回も申込みをすると、申込みブラックになるといわれるのは、申込みの記録が残されるからです。

 

過去の債務状況について

同様に、過去の債務整理についても、手続きの内容や登録される個人信用情報機関により、5年~10年間は記録に残ります。

過去の事故情報の登録を確認する方法はあるの?

過去の自分の事故情報が記録されているかどうかは、個人信用情報機関の開示請求手続きで確認できます。
一定の手数料がかかりますが、登録されている自分の情報が分かります。過去に債務整理をしたことがある、などの場合は、自分の信用情報を確認してからクレジットカードに申込むのもおすすめです。

クレジットカード審査のスコアリングとは?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

クレジットカードの審査では、個人信用情報機関に登録されている情報だけでなく、スコアリングによる評価も行われています。審査のスコアリングというのは、申込者の「属性」について点数化し、その合計点審査の判断基準にするものです。
スコアリングの対象となる属性は、

  • 年収
  • 勤続年数
  • 勤務先
  • 住居形態
  • 家族構成

などがあります。スコアリングの属性項目は、クレジットカードの申込み時に入力することになります。

 

審査項目のウソが与える影響について

クレジットカードの申込み者の中には、審査で甘い評価となるようにするため、ウソの情報を伝えるケースがあります。勤続年数を長くしてしまったり、収入を実際よりも多く伝えたりします。

 

しかし、クレジットカードの審査項目におけるウソは、意外と簡単にバレてしまいます。ウソの情報で申し込んだと判断されれば、当然、審査落ちになります。審査に落ちるだけならまだしも、永久にクレジットカードが作れなくなることもありますので、必ず今の状況を正確にクレジットカード会社に伝えるようにしてください。

 

審査甘いクレジットカードの見分け方はあるの?

審査甘いクレジットカードを希望する人もいますが、実際に審査を受けてみないと分からないのが実情です。審査基準が公表されていない以上は、少しでも自分に合ったサービスを選ぶしかありませんね。

個人信用情報機関で自分がブラックかわかる?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

クレジットカード審査におけるブラックとは?

クレジットカードの審査におけるブラックというのは、過去の金融機関との取引に問題があり、それが原因となって審査に通らない状態をいいます。

 

いわゆるブラックリストという言い方がされますが、何らかの書類に名前や住所が記載されるという性質のものではありません。ブラックリストがあるのではなく、個人信用情報を扱う機関がある、という点を間違えないようにしてください。

 

個人信用情報機関とは?

個人信用情報を扱う機関は、個人信用情報機関といいます。個人信用情報機関には、金融機関と個人とは取引をした際の「一定の事実」を登録するデータベースがあり、それぞれの金融機関で確認できるようになっています。

 

つまり、過去に金融機関との取引で延滞強制解約などの事実があると、別の金融機関の担当者も、その事実を知ることができるということです。

 

個人の信用情報が残る期間について

個人の信用情報機関が残る期間は、登録される情報の性質、機関により若干の違いがありますが、目安としては、

  • クレジットカード等の申込み:1ヶ月
  • ローンの延滞:延滞解消から5年間
  • 自己破産を除く債務整理(任意整理、個人再生など):5年間
  • 自己破産:10年間

となっています。登録されている自分の信用情報については、情報の開示手続きで確認できます。気になる方は、登録されている情報を確認してからクレジットカードを選ぶようにしてください。

 

カードローンやキャッシングは信用情報に傷が付くのか?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

カードローンの利用で登録される信用情報とは?

カードローンの利用で登録される信用情報は、

  • 申込み日
  • 契約の種類、内容(限度額など)
  • 金融機関の名称
  • 個人を特定するための情報(名前や住所など)
  • 勤務先の情報

などになります。カードローンの利用中に延滞などをしていると、さらに、延滞のあった事実も登録されることがあります。
しかし、これらの事実が登録されたからといって、必ずしも、自分の信用情報にキズがつくわけではありません。あくまでもカードローンを利用した事実が登録されるだけですので、あまり気にする必要はないと思います。

 

銀行カードローンと消費者金融の違い

同じカードローンの利用でも、「消費者金融」の利用にネガティブな金融機関があるのは事実です。銀行カードローンと異なり、消費者金融は悪い印象があるのも事実です。

 

しかし消費者金融を利用した経験があったとしても、その事実が変わるわけではありませんので、あまり気にしないようにしてください。

 

キャッシング利用残高によっては信用情報が問題になることも

消費者金融か銀行カードローンかよりも、キャッシングの利用残高が問題となることがあります。

 

キャッシングの残高が多くなっていれば、それだけ毎月の返済額も多くなりますので、クレジットカードを利用した際の「返済能力」に影響するからです。

 

消費者金融と銀行カードローンを合わせて、年収の3分の1近くになっている場合は、審査で信用情報が問題になる可能性もあると思います。

 

虚偽記載をしたら信用情報に影響するのか?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

クレジットカード審査における虚偽記載について

クレジットカードの審査で虚偽記載をしたからといって、信用情報に影響するわけではありません。信用情報機関に登録される情報に、「虚偽による申込み」の項目がないからです。

 

しかし一度でも虚偽記載による申込みをしてしまい、虚偽であることが発覚してしまうと、その金融機関との取引は、永久にできなくなります。信用情報機関に登録される情報よりも影響が大きくなることがありますので、すべての項目について正直に伝えるようにしましょう。

 

審査甘いクレジットカードが通らない理由は信用情報にある?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

クレジットカード審査に通らない理由は信用情報?

信用情報機関に登録されている情報で審査に通らないことがあります。

 

審査に通らない理由となる情報は、やはり、過去の債務整理の情報です。債務整理は、金融機関との約束どおりの返済ができなかったときの手続きです。

 

その情報が残っている状態でクレジットカードを作り、返済不能となった場合は、審査担当者が責任を取らなければならないからです。

 

申込みブラックになっていないか確認!

短期間のうちに何度もクレジットカードの申込みをすると、その行動が通らない理由になります。クレジットカードの申込みは一定期間、信用情報機関に記録として残されます。

 

短期間のうちに頻繁に申込みを繰り返していることが分かれば、やはり怪しい行動をしていると思われて、審査に通らないことがあります。

 

延滞中のローンは解消後に申込み!

延滞中のローンがあると、クレジットカードの審査に通らない理由となります。クレジットカードのクレジットは、「信用」という意味ですが、約束どおりに返済できていない人に信用はありません。

 

延滞中のローンがある場合は、必ず延滞解消をしてからクレジットカードに申込むようにしましょう。

 

年齢、年収、住居で通らない場合とは?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

年齢条件を満たしていなければ審査に通らない理由に!

クレジットカードの公式サイトには、必ず商品説明のページに「申込条件」の説明があります。申込条件の1つに「年齢」がありますが、年齢の条件を満たしていない場合は、何度申し込んでも審査に落ちます。

 

年齢を偽って申込みをすれば・・・という人もいるかもしれませんが、審査に通らないだけですので、控えるようにしてください。

 

年収0ではキャッシング枠はもらえない!

アルバイトやパートの収入もない人は、キャッシング枠の希望を出しても審査に通ることはありません。

 

クレジットカード会社は、総量規制の対象となっていますので、キャッシング枠は最高でも年収の3分の1までとなります。年収0円の3分の1は「0円」ですので、収入がない方が、クレジットカードのキャッシング機能を利用することは不可能になります。

 

住居がクレジットカード審査に与える影響について

「住居が審査に通らない理由となっているのか?」と思うかもしれませんが、住居が通らない理由になることは、めったにありません。

 

収入に見合わない賃貸マンションなどに済んでいれば別ですが、そうでない場合は、別のところに通らない理由があると考えるべきです。

やはり支払い能力が一番重要?

クレジットカード,審査甘い,即日発行

支払い能力は年収ではない!?

クレジットカードの審査では、毎月の「支払い能力」が重要なポイントになります。支払い能力がなければ、クレジットカードで買い物をしても、その代金支払いができなくなるからです。

 

ここで、「支払い能力=年収」と考える人がいると思いますが、年収が多いから支払い能力があるわけではありません。年収が多くても支出が多ければ生活に余裕がありませんし、逆に収入が多くなくても質素な生活をしていれば、クレジットカードの支払い能力は高くなります。

 

毎月の収入と支出を確認!

クレジットカードの審査に通らないときは、自分の毎月の収入と支出を書き出して、お金の流れを再確認してみてください。

 

クレジットカード審査の担当者も、毎月の支払いに充てられる金額について考えていますので、「生活に余裕がない」のが通らない理由になっているかもしれないからです。

 

無理をしてクレジットカードを利用しても、後で大変な思いをするだけですので、まずは家計の収支の再確認からしてみてはいかがでしょうか。

 

「審査甘いクレジットカードを即日発行で入手したい時に必要なこと」関連情報